ストーマの漏れ | オストメイトへのよくある問題や解決策 | eakin®
menuShadow

漏れ

オストミーとしての経験を通して、特に初期の頃は、いくつかの問題を経験することは珍しくはないので、困惑しないでください。幸いなことに、これらの問題の多くはちょっとした調整で修正することができ、非常に簡単に管理することができます。あなたが体験しているかもしれない問題を以下から選び、その解決に役立つ解決策をご覧ください。

しわやひだ

ストーマ周囲の皮膚がしわやひだで凸凹になっていることがあります。 これは、体重が減ったり増えたりした場合に起こることがあります。
皮膚のしわやひだがある場合におすすめの製品は以下をご覧ください。

理想的な位置にないストーマ

緊急手術を受けて、手術前にストーマの位置が決まっていなかった場合、ストーマの位置が腹部の最も理想的な位置にないことがあります。例えば、腹部正中創や腰骨に近すぎたりします。このような場合、ストーマ装具が漏れてしまうことがあります。ストーマの位置があまり良くない場合に役立つアドバイスは、こちらをクリックしてご覧ください。

ヘルニア

ストーマ傍ヘルニアという用語は、装具の安全性の問題となりうる、ストーマやストーマの周りの膨らみや膨隆を表現するために使用されます。ヘルニアによってストーマの大きさや形が変化することがあり、装具を装着することが困難になり、漏れの問題を引き起こす可能性があります。ヘルニアがある場合のストーマ管理に役立つアドバイスは、こちらをクリックしてご覧ください。

緩い排出物

緩い/水様状の排泄物は漏れを引き起こす可能性が高く、思ったよりも頻繁にバックを空にしたり、交換したりしなくてはならないことになります。食べることで排泄物を濃く、ゆっくりさせるのに役立つかもしれない食品の例としては、マシュマロやゼリービーンズ、熟したバナナなどがあります。排泄物排出物が緩い時に手助けとなるアドバイスはこちらをクリックしてご覧ください。

正しいストーマ装具を選ぶ

最初に選んだストーマ装具や看護師から勧められた装具が、長期的にはあなたにとって合わなくなってくることがあります。体型が変化したり、体重が増減したり、活動的になったりした場合は、より安心できるストーマケア習慣を得るためには、別の装具を試してみる必要があるかもしれません。その際にはストーマケアを担当する看護師の意見が必になるかもしれません。おすすめの装具は、こちらをクリックしてご覧ください。

ストーマを測る

最初の 6-8 週間以内にストーマのサイズは縮小します。装具の穴が大きすぎると皮膚が排泄物に露出し、逆に穴が小さすぎると装具が皮膚にきちんと貼付できなくなります。お使いの装具を確実にフィットさせる方法は簡単です。週に一度、測定ガイドを使用してストーマのサイズを測定し、最も適切なサイズにパウチをカットしてください。そうすることで、漏れを予防、管理することができるはずです。アドバイスはこちらをクリックしてご覧ください。

頻繁に装具交換をする方

推奨されている回数以上に装具を交換すると、ストーマの周りの皮膚にダメージを与えてしまう危険性があります。- 閉鎖型装具は1日3回以上、ドレーナブルタイプの装具は1日1回以上、ウロストミー用装具は2日に1回以上。装具の装着期間を長くするためのアイデアはこちらをクリックしてご覧ください。

ヘルプ・アドバイス

は必要ですか?

ヘルプ・アドバイス は必要ですか?

新しいオストメイトが直面している状況と折り合いをつけるために役立つよう、様々な記事を作成しました。手術の準備、ストーマ装具の取り付け、食事や生活習慣の問題などのトピックについてのヘルプやアドバイスを提供しています。

front_1 front_2
mid_1
back_1 back_2
Click to access the login or register cheese