You are here:
< Back

ストーマ近接部の皮膚

ストーマの周りの皮膚を良い状態にしておくことを心がけることが大切です。

  • 最初の8週間は、ストーマの形や大きさが変化するため、週に1回ストーマを測定します。
  • 装具を正しい形とサイズにカットしておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。
  • 皮膚をよく洗って乾かしましょう。ウェットティッシュやベビーワイプを使うと装具がしっかり接着しないことがあるので、なるべく使わないようにしましょう。

お勧めの製品は以下をご覧ください。

Cohesive®イーキンシールSサイズ

しっかりと皮膚を保護したい場合に Cohesive® イーキンシールSサイズは、排泄物による皮膚障害の際に、しっかりとした皮膚保護と高い水分吸収能力を発揮し、漏れの問題を解消し装具の貼付期間を延長します。

Cohesive Slims®イーキンシールスリム

普段使いに Cohesive Slims® イーキンシールスリムは、ストーマ周囲に明確な皮膚障害の兆候がなく、他にストーマ周囲合併症もないが漏れが生じる場合に日常的な皮膚保護と安心感を提供します。

Cohesive®イーキンストーマラップ

時間の節約 Cohesive®イーキンストーマラップのユニークな形状は、素早く簡単に貼付することができ、大きなストーマや、楕円形や不規則な形状のストーマに時間をかけずに簡便なケアを期待できます。ストーマ周囲に沿って貼付し両端を重ねる合わせるだけで、高い密閉性を実現します。

Protect™プロテクトバリアフィルム|皮膚被膜剤

Protectプロテクトバリアフィルム(皮膚被膜剤)は皮膚に障害を及ぼす滲出液、びらん、強力な医療用接着剤等からしっかりと皮膚を保護し、装具の貼付に適した皮膚の状態をもたらします。また、さわやかなミントの香りとともに耐久性のある保護被膜を形成してくれます。 皮膚被膜剤のサンプルはワイプタイプのみをご提供しています。