You are here:
< Back

ストーマ周辺のヘルニアや腫れ

ストーマ傍ヘルニアという用語は、ストーマやストーマの周りの膨らみや膨隆を表現するために使用されています。

  • 手術後6~8週間は重いものを持ち上げないようにしましょう。
  • 手術から完全に回復した時に力のいる作業をする場合には、腹筋を守るためにサポートベルトを着用しましょう。
  • ヘルニアの肥大により、ストーマの形状や大きさが変化することがあります。定期的にストーマを測定して、装具がストーマのサイズに正確にフィットするようにしてください。
  • より柔軟性のある面板は、より良いフィット感を実現します。

ヘルニアがある場合のストーマ管理に役立つおすすめは以下をご覧ください。

Cohesive®イーキンシールSサイズ

しっかりと皮膚を保護したい場合に Cohesive® イーキンシールSサイズは、排泄物による皮膚障害の際に、しっかりとした皮膚保護と高い水分吸収能力を発揮し、漏れの問題を解消し装具の貼付期間を延長します。

Cohesive Slims®イーキンシールスリム

普段使いに Cohesive Slims® イーキンシールスリムは、ストーマ周囲に明確な皮膚障害の兆候がなく、他にストーマ周囲合併症もないが漏れが生じる場合に日常的な皮膚保護と安心感を提供します。

Cohesive®イーキンストーマラップ

時間の節約 Cohesive®イーキンストーマラップのユニークな形状は、素早く簡単に貼付することができ、大きなストーマや、楕円形や不規則な形状のストーマに時間をかけずに簡便なケアを期待できます。ストーマ周囲に沿って貼付し両端を重ねる合わせるだけで、高い密閉性を実現します。